SDカード録画で証拠を記録!防犯カメラが今人気のワケ

防犯対策でできること

女の人

防犯カメラの目的

現代では、犯罪件数も全国で増えており「防犯カメラ」を設置するご家庭や店舗も多いです。防犯カメラを設置する目的は、犯罪の防止および犯罪動機の抑止です。また、事件が発生した際の証拠保全、個人情報や機密情報の監視として用いられることもあります。もしも、自宅や会社での防犯に悩んでいるのなら、防犯カメラの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

SDカードタイプの防犯カメラ

防犯カメラの中でも、SDカードタイプの防犯カメラが人気があります。SDカードタイプの防犯カメラは、カメラ内部にSDを挿入するタイプの防犯カメラで、録画設定が簡単なことから多くの場所に導入されています。また、レコーダーが不要なために配線もわかりやすく設置するときの手間暇がかかりません。そのため、非常に使い勝手のいい防犯カメラと言えるでしょう。

専門業者へ依頼

鍵なくした場合には、鍵交換や鍵修理を専門業者へ依頼することをおすすめします。専門業者なら鍵交換や鍵修理もリーズナブル価格で提供されているので、少ない出費で鍵を直すことができます。また、専門業者の場合、取り扱っている鍵の種類も豊富にあり、防犯性能にも期待ができます。防犯カメラだけでは自宅の安全性を確保することも難しいので、防犯カメラの設置と併せて防犯性能が高い鍵に取り替えるといいでしょう。

防犯カメラ導入前に知っておこう!2タイプのカメラ

防犯カメラにはボックス型カメラとドーム型カメラの2つのタイプがあります。

・ボックス型カメラ
誰が見ても防犯カメラとわかる形状をしており、その結果、抑止力を発揮するのがボックス型カメラの特徴です。

・ドーム型カメラ
半透明のドームに覆われており、無用な威圧感を与えず防犯カメラと分かりにくいのがドーム型カメラの特徴です。

このように、2つに大きく分かれるため自宅などに設置する時、どれが適しているのか考えるといいです。さらに、注意点もしっかり把握しておくとよりベストな防犯対策が可能となります。

防犯カメラを設置するときの注意点

屋内設置or屋外設置

防犯カメラは「屋内に設置するのか」「屋外に設置するのか」によって、必要な機器や工事が異なります。屋内設置の場合にはそこまで気にする必要はありませんが、屋外設置の場合、雨風に強い防犯カメラや機器を選定しなければならないです。

夜間監視の設定

防犯カメラ設置を初めてされる方で特に注意したいのが、夜間監視の問題です。防犯カメラは通常のカメラと同様に標準設定ですと、夜間監視は映らないです。そのため、夜間監視を目的としている場合には赤外線暗視機能や好感度暗視機能の設定を忘れないようにしましょう。

画素数の問題

今では防犯カメラの基本スペックも高く、高画素によって鮮明な映像を録画することも容易いです。しかし、防犯カメラもピンキリで50万画素から200万画素ぐらいまで差があります。家庭用であれば50万画素でも十分に対応できますが、犯人の顔や証拠をきちんと収めたい場合には200万画素の防犯カメラを選ぶましょう。

防犯カメラ導入前に知っておこう!2タイプのカメラ

防犯カメラにはボックス型カメラとドーム型カメラの2つのタイプがあります。

・ボックス型カメラ
誰が見ても防犯カメラとわかる形状をしており、その結果、抑止力を発揮するのがボックス型カメラの特徴です。

・ドーム型カメラ
半透明のドームに覆われており、無用な威圧感を与えず防犯カメラと分かりにくいのがドーム型カメラの特徴です。

このように、2つに大きく分かれるため自宅などに設置する時、どれが適しているのか考えるといいです。さらに、注意点もしっかり把握しておくとよりベストな防犯対策が可能となります。

防犯カメラや鍵修理に関するQ&A

多くの方が防犯カメラを設置する理由は?

防犯カメラを設置する理由は、未然に犯罪を防ぐ防犯を目的としているケース、犯罪などが発生した時の証拠保全を目的としているケース、また既に犯罪が発生しており再犯の防犯および証拠保全を目的としているケースなど様々です。

鍵を交換するべきタイミングは?

鍵の調子が悪くなった時、鍵をなくした時には鍵交換を依頼することをおすすめします。また、玄関ドア、シャッター、金庫や倉庫などのセキュリティ面で不安を感じるようであれば、鍵交換を検討してもいいでしょう。

夜間監視には赤外線LED?

赤外線LED機能がついていると夜間にも鮮明な映像を記録することができるために安心です。ですが、赤外線LEDは夜間になると赤く点灯するので目立ちやすく、防犯カメラだとバレる可能性もあります。そのため、メリット・デメリットを考えた上で決めるといいでしょう。