鍵の種類|防犯カメラはSDカード録画カメラがおすすめ!

鍵なくしたら鍵交換!新しく鍵を作るために知っておきたい鍵のタイプ

鍵の種類

困る人

ロータリーディスクシリンダー

鍵をうっかりなくした場合、とても焦ってしまいますよね。鍵なくした時でも、まずは落ち着くことです。なくしたら、新しい鍵を作ればいいので、焦る必要はありませんよ。そして鍵を作るとき、いくつかの種類から選ぶことになるでしょう。鍵先に刻みがあるタイプとくぼみのような形があるタイプの鍵がロータリーディスクシリンダーになります。このロータリーディスクシリンダーは、鍵が入っていない状態および形がピッタリと合わない鍵が挿入された場合には、鍵が開くことはまずありません。そのため、不正ピッキングを防止することができ、加えて破壊に強い部品も内蔵されているので、防犯の高さには期待できます。

ピンシリンダー

玄関ドアや勝手口、また金庫や倉庫といった様々な場所で用いられるのが、ピンシリンダーです。ピンシリンダーの仕組みは、鍵内部の内筒にある複数のピンが合致した場合のみに開錠できるようになっています。以前ではこのピンシリンダーは多くのご家庭から選ばれていましたが、ピッキングでの開錠も簡単だということから、今では人気が下がってきています。ご自宅がピンシリンダーの場合には安全性を確保するためにも防犯性能の高い鍵と交換するといいでしょう。

ディンプルキー

ディンプルキーは鍵の構造自体はピンシリンダーとは変わらないものの、鍵の表面にくぼみを作ることで鍵内部との合致性を高めました。その結果、ピンシリンダーよりもピッキングしにくい構造になっています。しかも、今では製品によっては不正複製を防止するシステムが付いているものまで、従来の鍵と比較してかなりの防犯性能を誇っています。鍵自体も開けやすく扱いやすい。また、どの年代でも使いやすいことから現在、主流になりつつあります。