防犯カメラの効果|防犯カメラはSDカード録画カメラがおすすめ!

SDカードタイプの防犯カメラを設置することで得られる効果

防犯カメラの効果

レディ

犯罪の抑止

SDカードタイプの防犯カメラに限らず、防犯カメラは設置自体が犯罪の抑止力となりえます。そのため、防犯カメラはあらゆる場所に重宝されているのです。しかし、防犯カメラをただ設置したからといって、必ず抑止効果が得られるとは限りません。犯罪の抑止力を高めるためには、複数の防犯カメラの設置、設置場所、角度などにこだわる必要があります。

捜査支援

SDカードタイプの防犯カメラは実際に犯罪が起こったときに、SDカードによって犯罪時の状況や時間の記録が残ります。そして、この防犯カメラの映像や記録というものは、資料として警察に届けることで犯人をいち早く捕まえることに繋がります。

防犯カメラで見ておくべきポイント

no.1

性能

防犯カメラでは「防犯」することを目的としていますが、事件が起こった場合のことを想定して性能面を重視しておきましょう。例えば、赤外線センサー内蔵、マイク内蔵などの防犯カメラは防犯性能が高くおすすめできると言えるでしょう。また、録画機能の充実さもチェックしておくべきポイントです。

no.2

画素数

防犯カメラの画素数は鮮明な映像を表示・録画するためにとても重要なものです。そのため、画素数をチェックして防犯カメラ選びすることは正しいと言えます。特に、最近では画素数にこだわっている防犯カメラも販売されています。防犯性能を高める意味でも画素数の数値は大きい方がいいでしょう。

no.3

オプション

防犯カメラを買ったとしても、オプションや関連機器が必要な場合には、色々な準備や設定をしなくてはならないので正直面倒だと思うことも多いです。そのため、なるべくオプションや関連機器が必要ないタイプの防犯カメラを選ぶようにしましょう。